本文へスキップ
〒240-0035,phone045-442-4214
412-5,Imaicho,Hodogaya-ku
Yokohama,Japan
血糖測定器の専門店 年中無休24時間受付中
当ショップでは
血糖測定器本体
測定センサーを、国内薬局の
1/2以下の価格
にて
ご提供いたしております。
糖尿病および予備軍の方や
生活習慣病の方々の
定期的な測定を提案いたします。
 

   当ショップは横浜を拠点とした『血糖測定器』専門店です

    ★Yahoo!,Google,Amazonに広告掲載中!
What's new !
最終更新日 2017年3月8日


測定器の選択で迷っている方!


日本国内はもちろん世界で最も信頼実績のある

『アボット社』下記2製品をお勧めいたします


★『アボット社』は米国で創業1888年血糖測定器のメーカーです

    『血糖値スパイク』が危ない! ←クリック



国内人気「NO.1」

『フリースタイル・フリーダムライト』


★NHK「ためしてガッテン!」で使用

クリック

フリースタイル・フリーダム

長期ベストセラ-「フリースタイル・フリーダムライト

測定器本体及び試験紙


格安提供中



血糖値 測定 




国内で人気の
プレシジョンエクシード


新しいバージョン
となりました。







国内人気「NO.2」

『フリースタイル・プレシジョン・ネオ』


新発売



『血糖値』『ケトン体』測定可能な多機能商品
β-ケトン測定電極Ⅲ(ケトン体測定試験紙が必要)

★今後は必要な機能!

総合的に体質改善ができます

★今話題の『ケトン体ダイエット』にも使用可能!





★測定器・穿刺器具及び試験紙(センサー)・針(ランセット)全てがないと測定できません。
全てが含まれない他業者の広告がほとんどですので、ご購入の際はご確認下さい。

★海外業者の本体無料(定期購入が条件)及びセンサー定期購入キャンペーンにおいて、解約時のトラブルが多発していますので、ご注意下さい!



ケトン体ダイエット』とは・・・


ケトン体ダイエットとは『低炭水化物ダイエット』『ローカーボダイエット』とも呼ばれています。

食事の際、大幅に糖質制限(炭水化物を減らす)し、血糖値、インシュリンをコントロールすることによって、減量や体質改善を行うダイエット方法です。

食事にて炭水化物を極端に減らした場合、インシュリンが作られず、血中から糖が少なくなってしまうため、その代わりのエネルギーとして、体内の脂肪から分解された『ケトン体』が使用されることとなります。この状態において、血糖が少ないため、血液中のケトン体が増え、それがエネルギーとして、使われている状態を『ケトーシス』と言います。

簡単に言いますと、糖の代わりに、脂肪から分解された『ケトン体』をエネルギーとして使うわけですから、ダイエット効果があると言うことです。

この様に『ケトーシス状態』を作り出し、体内脂肪を燃焼しやすい体にして、脂肪のみを効率よく燃やすという、アメリカの『アトキンス博士が提唱した』ダイエット理論です。




キャンペーン中です


高機能」「痛みが少ない」国内で人気の商品

【プレシジョン・ネオ】

(Freestyle Freedom Lite姉妹品)
  
オムロン取扱品の新バージョン

格安提供中


測定器本体及び付属品一式
 
初期設定済ですので即使用可能です





センサーチップをご購入の方に

...血糖測定器本体及び付属品一式を無料サービス致します。

『プレシジョン・ネオ』
.



「トゥルーピコ・センサー」米国版 格安!



弊社は国内を拠点とした『血糖測定器』専門店ですので、初めてご使用の方へのサポート体制が万全です(電話での対応いたします)



【糖尿病及び生活習慣病の方々へ


★ドクター江部の糖尿病徒然日記 参照 ← クリック




 血糖管理(糖質制限食)によって心筋梗塞・脳梗塞のリスクから開放されます。

そのためにも、日々の血糖測定が重要となります。

 当ショップにおきまして血糖測定器および検査チップの輸入の代行を行なっております。

国内価格の1/2以下で購入可能です。



【糖質制限のおすすめ】



今話題糖尿病の食事療法です

糖尿病は薬やお
茶サプリではほとんど改善されませんが、近年、世界的に糖質制限(カーボカウント)の効果が立証されております。
                 
特に、日本糖尿病学会におけるカロリー制限の指導と異なり、
糖分(炭水化物)の摂取を極力控え、そのかわりにタンパク質等を多く摂取して、経口剤・インスリン注射に依存しない食事療法です。


毎食、糖分摂取量を計算カーボカウントし、毎回の食前・食後2時間の血糖値を、血糖測定器にて測定・記録することにより、合併症(脳梗塞・心筋梗塞・網膜症・腎臓障害)発症の可能性を低減させるための医療法です


一言でいえば、主食
(米・パン・うどん)を少なくし、肉・さかな等たんぱく質は好きなだけ食べるというものです。 



  

★『2型糖尿病境界型の判定基準

 
基準値)空腹時血糖値111mg/dl.食後2時間141mg/dl以上 ヘモグロビンA1c 6.3 %以上

*特に、食後高血糖血糖値スパイク)の管理をお勧めいたします。
------------------------------------------------------
 ☆合併症について

網膜症----------------->失明 

腎症--------------->人工透析

神経障害--->壊疽(手足の切断)

動脈硬化-->脳梗塞、心筋梗塞等


☆インスリンについて

い臓のβ細胞でつくられるホルモンで、糖質・タンパク質・脂肪などの栄養素が体内で吸収され、利用されるために大切な調整をしている



☆インスリンの自己注射について

毎食前および就寝時、お腹等に注射

血糖測定器健保適用)で食前・食後2時間の血糖値
測定



☆低血糖の注意事項


発汗・動悸・手足の震え等の症状
起きた場合は、ブドウ糖・飴・ジュース等を口にすること


☆経口剤について


SU
(スルフォニル尿素剤)
   インスリンの分泌をうながす
BG剤(ビグアナイド剤)
    糖の代謝を促進する
αグルコシダーゼ阻害剤 
小腸での糖の吸収を遅らせる
                                                                          以上


↑ 戻る  |Page1/6|次のぺージ →